エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説! - 瑞穂区・南区新瑞橋駅近くの歯医者【RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】

歯科コラム

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説!

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説!

歯の着色汚れが気になるけれど、ホワイトニングは時間もお金もかかりそう、とあきらめている方もいらっしゃるでしょう。

そんなときにおすすめしたいのが「エアフロー」です。

エアフローは歯の着色汚れを落とし、歯本来の色に近づけるだけではなく、口全体の汚れを短時間で効率よく落とす、予防歯科でも人気のメニューです。

本記事では、エアフローの治療内容や治療後に気を付けるべき点について解説しています。

エアフローについて学んで、歯のクリーニングの選択肢を増やしていきましょう。

1. エアフローとは

エアフローとは、歯科で受けられるクリーニングメニューの1つです。

ジェット水流を使って、微粒子のパウダーを口腔内に吹き付けて汚れを落とします。

エアフローには、「スケーリング」と違って、歯や歯茎を傷つけにくいという特徴があります。

スケーリングでは、歯石除去のために鋭い先を持つ「スケーラー」または「超音波スケーラー」を使って、手動で歯の根元の歯石を直に取り除きます。

そのため、歯肉から出血することもありますが、その点、エアフローは器具が直接歯に触れることはありません。

歯周ポケットの洗浄まで行い、虫歯や歯周病の予防ができます。

そのうえ、歯みがきでは落とせないバイオフィルム(プラークのような微生物のあつまり)・着色汚れを落とせるので、歯周病対策にも有効です。

エアフローは保険適用外ですが、自費といっても費用相場は4,000円から5,000円です。

この価格で虫歯や歯周病予防ができるなら、リーズナブルといえるのではないでしょうか。

2. エアフローのメリット

ここからは、エアフローのメリットを解説します。

2-1. 汚れを短時間で取り除ける

エアフローのメリットは「汚れを短時間で取り除ける」ことです。

エアフローは、は人工甘味料にも使われる「エリスリトール」などを使った、非常に細かい粒子のパウダーを噴射して歯の汚れを落とします。

短時間で効果的に汚れを取り除けるのがメリットです。

2-2. 清掃効果が高い

エアフローは、一般歯科のクリーニングに比べて、清掃効果が高いこともメリットといえます。

なぜなら、エアフローで噴射される微粒子パウダーは、歯ブラシが届きにくい歯間や、被せ物の周りにも入り込めるからです。

一般歯科のクリーニングでは、器具が当てられない場所はクリーニングが行き届かないといった問題がありました。

その点、エアフローは微粒子のパウダーを噴射するため、口内の隅々まで汚れを取り除けます。

この洗浄用パウダーは、矯正器具やワイヤーの間にも入り込めるため、歯のクリーニングがしにくく虫歯リスクが高まる矯正中の方にもおすすめです。

2-3. 歯・詰め物を傷つけにくい

エアフローは、一般歯科で歯石を除去するために使われる「スケーラー」「超音波スケーラー」のように、歯や歯根に直接器具が当たることはありません。

そのため、歯・詰め物・被せ物を傷つけにくいのもメリットです。

3. エアフローと他のクリーニングメニューとの違い

ここからは、エアフローと他のクリーニング治療との違いをご説明します。

3-1. PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)

PMTCとは、「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の略です。

歯科医院で行われる、機械を使った歯のクリーニングに特化した専門的な方法全般をPMTCと呼びます。

PMTCでは、自分では磨きにくい、「歯と歯の間」や「奥歯の後ろ側」などを、歯科医・歯科衛生士が重点的に磨き上げます。

一般的には、PMTCが歯表面の着色や汚れを取ることを指すのに対して、歯石除去をスケーリングと呼んでいます。

3-2. スケーリング

スケーリングは、歯みがきでは落とせない「歯石」の除去を目的とした処置です。

スケーラーと呼ばれる、先が尖った器具を使って手で歯石を除去する場合と、超音波スケーラーと呼ばれる機械を使って歯石を取る場合があります。

定期健診で歯石が見つかった場合、歯石除去を行います。

歯石除去については、保険診療に該当する場合としない場合がありますので注意が必要です。

歯周病治療を目的としたスケーリング(歯石除去)は保険診療ですが、茶渋やタバコのヤニを取るクリーニングは自由診療となります。

4. エアフローの費用相場

「エアフローを受けてみたいけれど、費用が高いなら様子を見たい」

とお考えの方も多いのではないでしょうか。

エアフローの費用相場は、1回につき4,000円~6,000円で、自費診療の中では比較的リーズナブルといえます。

処置時間も30分~60分で済むため、虫歯や歯周病予防のために取り入れてみてはいかがでしょうか。

口の中の爽快感に、きっと驚かされますよ。

口腔内のメンテナンスとして、3~4ヶ月に1回を目安にエアフローを行うのがおすすめですが、毎月行っても支障はありません。

5. エアフローを受ける際の注意点

エアフローを受ける際、知覚過敏の方は、ちくちくとした痛みを感じることがあります。

だからと言って、麻酔をするほどではないので、安心してください。

エアフローは、歯のすき間や歯周ポケットの汚れをきれいに取り除けますが、歯のトーンを上げるホワイトニング効果はありません。

歯の色は、患者さんのもともとの色までは明るくなります。

食事に関する注意としては、エアフロー施術後2~3時間は、コーヒー・紅茶・カレーなど、着色しやすい飲食物は食べられません。

タバコ・炭酸飲料もNGです。

また、エアフローに使うパウダーの種類によっては、妊娠中の方・ナトリウム摂取制限のある方は受けられない可能性があります。

6. まとめ

虫歯・歯周病予防には、日々の歯みがきが大切です。

しかし、矯正器具の使用や、もともとの歯並びが原因で、歯みがきを頑張っていても知らず知らずのうちに歯垢・プラークは溜まっていきます。

エアフローは、短時間で口の中全体をきれいにでき、忙しい方のお口のメンテナンスにもおすすめです。

また、エアフローはコーヒー・紅茶・赤ワイン・カレーなどが好きな方の多くが気にしている、歯ステイン(着色汚れ)も効率的に落とせます。

「着色しやすい食べ物が好きだけど、歯の黄ばみを気にして控えている」

という方は、一度エアフローにチャレンジしてみるのはいかがでしょうか。

RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科まで、ぜひお気軽にお問い合わせください。

関連記事

下の歯だけ矯正できる?治療方法や歯列が乱れる原因を紹介 歯科コラム

2022.07.21

下の歯だけ矯正できる?治療方法や歯列が乱れる原因を紹介

自宅で行えるホームホワイトニングについて解説 歯科コラム

2023.03.22

歯科医院で行うホワイトニングと自宅で行うホワイトニングの違い…

矯正中に虫歯を発見したら治療はどうする? 歯科コラム

2022.07.21

矯正中に虫歯を発見したら治療はどうする?

MTMとは?トラブルが起きる前に口腔内を守る方法を紹介 歯科コラム

2022.07.21

MTMとは?トラブルが起きる前に口腔内を守る方法を紹介

月間アーカイブ

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまと…

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由 歯科コラム

2023.10.10

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説! 歯科コラム

2023.10.10

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説!

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方! 歯科コラム

2023.10.10

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方!

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説! 歯科コラム

2023.10.10

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説!

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は? 歯科コラム

2023.08.17

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は?

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解説! 歯科コラム

2023.08.17

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解…

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介! 歯科コラム

2023.06.20

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介!

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説 歯科コラム

2023.06.20

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも 歯科コラム

2023.06.20

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当? 歯科コラム

2023.06.19

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当?

お問い合わせ

Contact
スケジュール

※祝日がある週は水曜日診療

tel.052-693-5000 〒457-0012
名古屋市南区菊住1-4-10 1F
QRコード

新瑞橋歯科・矯正歯科
LINE