歯医者は保険治療を嫌がる?自由診療のメリット・デメリットを解説 - 瑞穂区・南区新瑞橋駅近くの歯医者【RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】

歯科コラム

歯医者は保険治療を嫌がる?自由診療のメリット・デメリットを解説

歯医者は保険治療を嫌がる?自由診療のメリット・デメリットを解説

こんにちは。

瑞穂区・南区の新瑞橋駅から徒歩4分の歯医者【RYO JINBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】です。

歯医者で治療を受けるとき、保険治療を希望したら嫌がられたという経験はありませんか?

なんとなく歯科医が保険治療を嫌がるような気がするのはなぜでしょうか?

今回は、歯医者で保険治療を嫌がる理由を解説します。

ただし歯科治療は、保険適用の有無や価格で治療の質が決まるわけではありません。

自由診療のメリットとデメリットについても紹介しているため、参考にしてください。

歯医者は保険治療を嫌がる?その理由とは

歯医者が保険治療を嫌がる場合、営利目的で診療報酬の高い自由診療を勧めている可能性があります。

ただし、自由診療が一概に悪いとは言えません。

自由診療は、保険治療よりも高品質な材料や技術による治療が行えたり、患者の希望に応えやすかったりするメリットがあります。

そのため歯医者が自由診療を勧めるからといって、必ずしも営利目的なわけではありません。

自由診療のメリットとデメリットをよく理解した上で、自分の歯の状態や予算に合わせて判断しましょう。

保険治療と自由診療の治療方法の違い

保険治療と自由診療の治療法の違いは、材料や技術にあります。

保険治療では、虫歯や歯周病などの基本的な治療が行われますが、使用できる材料や技術には制限があります。

自由診療では、審美歯科やインプラントなどの高度な治療が行われますが、より高品質な材料や最新の技術が用いられることが多く、患者さんの希望に合わせた治療が可能です。

自由診療のメリット

自由診療のメリットは、保険治療ではできない高品質な治療を受けられることでしょう。

セラミックやジルコニアなどの美しくて丈夫な素材を使った治療や、インプラントなどの高度な治療が可能です。

また、ホワイトニングや歯並びの矯正など、患者の希望に応じた治療もできます。

自由診療のデメリット

自由診療のデメリットは、高い治療費がかかることです。

保険治療なら国が一部を払ってくれますが、自由診療はすべて自分で払わなければなりません。

予想外の追加費用もありますから、お金の準備とリスクをよく考える必要があるでしょう。

自由診療の費用は歯科医院によって違いますので、複数の歯科医院を比べて、適切なところを選んでくださいね。

自由診療を選んだ方がいいケース

自由診療を選んだ方がいいケースをご紹介します。

見た目の美しさを重視する場合

自由診療を選んだ方がいいケースのひとつに、見た目の美しさを重視する場合が挙げられます。

例えば、審美歯科治療やホワイトニングなど、見た目の美しさに重点を置いたケースでは、自由診療が適しています。

なぜなら保険診療の場合だと治療法が限られるため、効果に不満が残る可能性があるためです。

自由診療は費用が高くなることもありますが、施術方法の選択肢の幅が広がるため、納得がいく効果を求める方におすすめです。

高度な技術が必要な場合

高度な技術が必要な治療も、自由診療が向いています。

例えば、インプラントや矯正歯科治療など、最新の技術や設備が必要な治療は自由診療で行われることが多いです。

自由診療は全額自己負担になるため、治療費は高くなる可能性がありますが、保険適用外となる高度な技術が必要な治療は、自由診療がおすすめです。

高品質な材料を求める場合

高品質な材料を求める場合も、自由診療が適しているでしょう。

保険治療では使用できない高品質な材料や、耐久性の高いセラミック製品を使用したい場合は、自由診療が適しています。

自由診療では、患者さんの希望に応じて、最新の技術や最適な材料を選択できます。

例えば、歯の色や形を自然に見せられるセラミック製品は、保険治療の対象外ですが、自由診療なら可能です。

高品質な材料を使って治療したいという人には自由診療がおすすめです。

個別化された治療を希望する場合

自由診療を選んだ方がいいケースとして、個別化された治療を希望する場合があります。

自由診療では、患者のニーズや希望に合わせたオーダーメイドの治療が可能です。

例えば、「歯の色や形を自分の好みに合わせて変えたい」という場合や、「特定の治療法を使ってほしい」という場合です。

このような場合、自由診療なら満足度の高い治療を受けられるでしょう。

まとめ

歯医者が保険治療を嫌がる場合、「営利目的で高い治療費を払わせようとしているのでは?」と不安になることもあるでしょう。

しかし、多くの場合は、必要だから提案しているに過ぎません。

今回紹介した自由診療のメリットとデメリットを把握して、自分の症状やライフスタイルに合わせた治療法を選んでくださいね。

もし自由診療を検討しているのであれば、自由診療「RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科」で相談してみることをおすすめします。

インプラント治療やインビザライン治療にも対応していますよ。

「RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科」へのお問い合わせはこちら

関連記事

インプラントができない人とは 手術ができないときの対策方法も紹介 歯科コラム

2022.07.21

インプラントができない人とは 手術ができないときの対策方法も…

インビザラインで後悔しないために!失敗例と対策を解説 歯科コラム

2023.05.23

インビザラインで後悔しないために!失敗例と対策を解説

知覚過敏は治療できる?治療費や放置するとどうなるのかを解説 歯科コラム

2023.03.23

知覚過敏は治療できる?治療費や放置するとどうなるのかを解説

インプラント治療のオールオン4とは?費用や後悔しやすいポイントを紹介 歯科コラム

2023.03.23

インプラント治療のオールオン4とは?費用や後悔しやすいポイン…

月間アーカイブ

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまと…

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由 歯科コラム

2023.10.10

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説! 歯科コラム

2023.10.10

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説!

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方! 歯科コラム

2023.10.10

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方!

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説! 歯科コラム

2023.10.10

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説!

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は? 歯科コラム

2023.08.17

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は?

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解説! 歯科コラム

2023.08.17

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解…

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介! 歯科コラム

2023.06.20

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介!

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説 歯科コラム

2023.06.20

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも 歯科コラム

2023.06.20

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当? 歯科コラム

2023.06.19

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当?

お問い合わせ

Contact
スケジュール

※祝日がある週は水曜日診療

tel.052-693-5000 〒457-0012
名古屋市南区菊住1-4-10 1F
QRコード

新瑞橋歯科・矯正歯科
LINE