MTMとは?トラブルが起きる前に口腔内を守る方法を紹介 - 瑞穂区・南区新瑞橋駅近くの歯医者【RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】

歯科コラム

MTMとは?トラブルが起きる前に口腔内を守る方法を紹介

MTMとは?トラブルが起きる前に口腔内を守る方法を紹介

こんにちは。

瑞穂区・南区の新瑞橋駅から徒歩4分の歯医者【RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科】です。

MTMはメディカルトリートメントモデルの略称ですが、聞いたことがない方も多いのではないでしょうか?

また、聞いたことはあるけれど具体的な内容は知らないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。

MTMは、予防歯科プログラムで、自身の口腔内環境を長きにわたり守っていくことができます。

今回はMTMについて解説していきます。

MTMとは

MTM(メディカルトリートメントモデル)とは、将来1本でも多くの歯を残したり、歯が喪失する時期を遅らせたりするために行われる予防歯科です。

これまでに虫歯や歯周病を経験している場合、その原因はなんだったのか、将来どのようなリスクがあるのかなどを調べます。

リスクを知ることで、できる限りそのリスクを軽減することができます。

また、どのような予防が必要なのか、自分にとって負担の少ない治療法はなにかを検討し、定期メンテナンスを行っていく治療法がMTMです。

虫歯になってから治療するのではなく、虫歯や歯周病にならないためのメンテナンスを計画的に行うことで、歯の健康を長期間保つことができます。

MTMの流れ

MTMの流れについて解説をします。 またMTMの中で行われる検査はどのようなものがあるのでしょうか。

MTMの流れ

  1. 問診や検査
  2. 検査結果の説明
  3. 初期段階の治療
  4. 再評価と治療計画の説明
  5. 計画に沿った治療
  6. 治療後の再評価とメンテナンス

まずは、問診や検査を行い一人ひとりの口腔内の状況を把握します。

検査結果に基づき治療やメンテナンスを行うことで、口腔内環境を整え、歯の健康を維持していきます。

必ず治療のあとに再評価を行うことで、治療計画は患者さまに合っているのかを確認することができます。

検査の種類

MTMでは、エックス線検査や口腔内の写真撮影、唾液検査などを行います。

エックス線や口腔内写真を撮影することで、普段見ることのない部分までしっかり確認し、正しい状態を把握することができます。

また、唾液検査では虫歯や歯周病のリスクを知ることができます。

他にも歯周病の検査を行い、歯周病の進行度などを検査します。

これらすべての検査結果をもとに、現在と将来のリスクについて評価を行い、治療計画を決定していきます。

MTMの目的

これまでの歯科治療は、早期に虫歯や歯周病などを発見して治療を行なったり、欠損した部分を治療したりしていくという流れでした。

しかし、近年ではできるだけ歯の喪失時期を遅らせるよう、治療計画を立ててメンテナンスしていくという方法に変わってきています。

メディカルトリートメントモデルは、この近年の流れを汲んだ予防歯科です。

MTMによって得られるもの

MTMを行うと、高齢になっても健康な歯を維持したり、1本でも多くの歯を残したりすることができます。

また、口腔内環境が悪化すると体の別の部位の疾患リスクも高まるといわれています。

MTMを取り入れればそのリスクも軽減することができます。

MTMは幅広い世代で行える

MTMは大人だけでなく、子どものときから行うことができます。

子どものときからMTMを行っていれば、虫歯や歯周病のリスクを小さいうちから軽減することができ、定期メンテナンスを行っていくことで、よい土台を作ることができ、自身の歯を健康にそして長期にわたり残すことができます。

妊娠中もMTMは可能

妊娠と歯周病は密接に関わっており、歯周病は早産のリスクが高くなるなど口腔内環境は妊婦さんにとってとても大切になってきます。

妊娠中でなくても、妊娠を考えたときや妊娠がわかってからすぐにはじめれば、その後の母子の健康を守ることにつながります。

妊娠中でMTMを検討している方は、一度歯科医院に相談してみるといいでしょう。

まとめ:MTMをご検討中の方は歯科医院にご相談ください

今回はMTM(メディカルトリートメントモデル)についてご紹介いたしました。

  • メディカルトリートメントモデルとは、口腔内環境を把握して虫歯や歯周病のリスクを軽減し、メンテナンスを行うことで歯の健康状態を長期にわたり維持できる
  • MTMを行うには問診や検査が必要になる
  • MTMは高齢になったときに自身の歯を1本でも多く残せたり、欠損時期を遅らせたりできる
  • MTMは大人だけでなく子どもや妊娠中でも行える

MTMを行うことで、生涯口腔内の環境を守り、高齢になっても多くの歯を残せる可能性が生まれます。

これまで主流だった歯を削る治療ではなく、これからは予防する治療が大切になってきます。

当院では、患者さまに合わせた予防歯科プログラムを提供しています。

MTMをご検討中の方は、RYO JIMBO DENTAL 新瑞橋歯科・矯正歯科にご相談ください。

関連記事

インプラントに保険が適用しないのはなぜ?保険が効くケースとは 歯科コラム

2023.05.23

インプラントに保険が適用しないのはなぜ?保険が効くケースとは

奥歯の歯茎が痛いときの原因と対処法を紹介!予防法はある? 歯科コラム

2022.07.21

奥歯の歯茎が痛いときの原因と対処法を紹介!予防法はある?

歯医者は保険治療を嫌がる?自由診療のメリット・デメリットを解説 歯科コラム

2023.05.23

歯医者は保険治療を嫌がる?自由診療のメリット・デメリットを解…

インプラント治療後に年を取ったらどうなる?入れ歯との違いを解説 歯科コラム

2022.12.21

インプラント治療後に年を取ったらどうなる?入れ歯との違いを解…

月間アーカイブ

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

e-maxとは?従来のセラミックとの違いやメリットをまとめて解説

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまとめて解説 歯科コラム

2023.12.07

デュアルホワイトニングとは?通常のホワイトニングとの違い、メリット、費用などまと…

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由 歯科コラム

2023.10.10

ホワイトニングのマウスピースは市販品でもいい?歯科医院への相談がおすすめな理由

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説! 歯科コラム

2023.10.10

エアフローってどんな治療?メリットと気を付けるべきことを解説!

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方! 歯科コラム

2023.10.10

審美歯科と一般歯科・矯正歯科の違いは?目的別の選び方!

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説! 歯科コラム

2023.10.10

メタルボンドとは?ほかのセラミック治療との違いを解説!

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は? 歯科コラム

2023.08.17

GBRとは?不可と言われた方のインプラントを可能にする治療法と費用相場は?

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解説! 歯科コラム

2023.08.17

ラミネートベニアの驚くべき効果とは?費用相場とメリット・デメリットについて徹底解…

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介! 歯科コラム

2023.06.20

銀歯が原因で金属アレルギーに?銀歯を使わない治療法をご紹介!

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説 歯科コラム

2023.06.20

ジルコニアセラミックのメリットとは?ジルコニアとセラミックの違いも解説

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも 歯科コラム

2023.06.20

オールセラミックの特徴と費用をご紹介!メリットとデメリットも

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当? 歯科コラム

2023.06.19

二次カリエスの原因とは|虫歯の再発予防にセラミックがいいって本当?

お問い合わせ

Contact
スケジュール

※祝日がある週は水曜日診療

tel.052-693-5000 〒457-0012
名古屋市南区菊住1-4-10 1F
QRコード

新瑞橋歯科・矯正歯科
LINE